交通事故の後遺障害等級認定異議申し立て 名古屋の行政書士事務所です。

弁護士費用特約がなくても、納得できる交通事故解決のために

弁護士費用特約に加入していない・利用できない方も
無料の交通事故紛争処理センターなどを利用することでご自身でも解決が可能です

交通事故発生から解決までの流れ

交通事故に遭ってしまい怪我をしたけど、誰に何を相談していいのかわからない。
自分の保険に弁護士費用特約がついていたら弁護士に相談できるのに・・・と専門家へ依頼したいのに支払う費用のことで不安がいっぱいの方。

交通事故は弁護士費用特約に加入していない・利用できない方も、交通事故紛争処理センター等の無料のADR(裁判外紛争解決手続)を利用することで、解決することが可能です。

無料で交通事故紛争処理センター等を利用し適正な内容で慰謝料・逸失利益等を補償してもらう

交通事故に遭ってしまい、症状が長期化化してしまった場合、一般的には

事故発生 → 治療 → 症状固定 → 示談(損害賠償請求) → 事故解決

という流れで解決していくことになります。
あまり多くの方に知られてはいないのですが、実は交通事故の示談について、被害者さまは公益財団法人である交通事故紛争処理センター等の紛争解決機関を無料で利用することができます。
この機関は、被害者と加害者側保険会社との間に同センターより嘱託された弁護士が入ってお互いの言い分を聞いたうえで示談のあっせん等を無料で行っています。

被害者さま本人(死亡事故の場合は法定相続人)が利用することを前提にしているため、交通事故の法律知識がなくても、保険会社との交渉に不安があっても、担当弁護士が中立公正な立場で対応してくれます。
無料だからといって被害者さまに不利になることはありません。あくまで中立公正の立場で弁護士があっせんを行います。
弁護士費用特約がついていないからと言って、相手方の保険会社が提示する示談内容に必ず応じなければならない訳ではありません。内容に疑義があればむしろ積極的に利用されることをオススメします。
ヨネツボ名古屋に後遺障害等級認定手続きをご依頼いただいた方のほとんどは、ADRを利用するか、弁護士に依頼して示談交渉をされています。
ADRの利用方法について、詳しくは、交通事故紛争処理センターのホームページ中のご利用についてをご覧ください。

しかし、後遺症が残ってしまった被害者さまは、ADRを利用する前に、まず先に後遺障害等級認定を受けておくことが円満解決のカギとなります!

交通事故紛争処理センター等を利用するうえで後遺障害等級認定手続が重要である理由

交通事故による後遺症の損害賠償金額は、後遺障害等級認定に基づいて決定される

上記のように、交通事故紛争処理センターは中立公正な立場で示談のあっせん等を行っていますが、後遺症が残ってしまった被害者さまは、まずセンターを利用する前に自賠責保険・後遺障害等級認定手続きで適正な「後遺障害等級」の認定を受けることが重要です。
というのも、等級が認定された後、受け取った賠償金を症状固定後の治療費として充てることも可能となるためです。

ポイント1:後遺症は後遺障害の等級が認定されないと賠償請求するのが難しい

後遺症は自賠責保険という国の制度により、例えば「むち打ち」であれば14級、12級といった、残った症状ごとに後遺障害等級としてランク付けされています。
交通事故紛争処理センターは「後遺症の損害」を算定するにあたり、後遺障害等級を基準に損害額を計算するため、後遺障害が適正な等級として認定されているかが重要になります。
つまり、いくら症状が残ってしまい「後遺症」だと言っても、自賠責保険の「後遺障害」として認定されていなければ、実務上残ってしまった症状を損害として相手に請求することが難しいということです。
このため、後遺障害等級認定手続きで、後遺症について過不足なく立証しておく必要があります。

ポイント2:後遺障害等級認定に基づいて慰謝料・逸失利益が決定される

後遺障害の等級評価が実際の症状より低ければ、相手に払ってもらう後遺症の損害も低くなりますよね!
たとえば後遺障害の等級が14級とされていた方が、適正な医療調査に基づき、医学的な証拠を積み重ね、改めて異議申し立てをした結果、12級に変更になりました。後遺症の損害の基礎が14級(自賠責保険限度額:75万円)から12級(同限度額:224万円)に変わった、つまり、受け取れる慰謝料・逸失利益の額に歴然と差が出てきます。

適正な後遺障害等級認定を得るには

後遺障害等級認定の申請は、ご自身で行うことも可能です。
しかし、ご自身で行うには難しい内容(経験によって左右されやすい部分)があることも事実です。

自分で行うに難しい内容(経験によって左右されやすい部分) 難易度【高】

  • 適正な後遺障害等級認定を受けるため、どのような必要書類を集めればいいのか
  • 適正な後遺障害等級認定を受けるため、必要な書類をどういう方向性で書いてもらったらよいか
  • 診断書、後遺障害診断書などの医学的資料から等級認定の可能性を検討すること
  • 後遺障害の存否・程度を明らかにするため、主治医から医学的意見をお伺いすること
  • 認定された等級が適正な評価であるかどうか

ヨネツボ名古屋行政書士事務所ではご自身で行うには困難な部分を
徹底した調査と豊富な経験でサポートいたします。

もちろん、ご自身でできる部分であっても(自賠責保険への被害者請求、医証・画像の取り付けなど)、お客様のご要望に応じて、お受けすることは可能です。

ヨネツボ式後遺障害等級認定手続き じぶん認定®

お客さまのご依頼により、後遺障害認定手続(被害者請求書類作成、異議申立書作成、医療調査)を行います。

料金 【例】むち打ち症で14級認定の場合

3万円~(+消費税)
※被害者請求手続、異議申立書作成、医療調査などをご相談者様のご希望に合わせ事前に見積もりさせていただきます。

じぶん認定®(ヨネツボ式後遺障害認定手続)は、お客様のご依頼により、被害者請求手続書類作成、異議申立書作成、医療調査を実績豊富なプロが行ないます。

という「安心」を重視する被害者さまに最適です。

適正な後遺障害の等級評価を得ることは、適正な補償を受けることにつながります。
後遺障害の等級認定については、交通事故後遺障害認定手続きに特化し、豊富な経験と実績を持つヨネツボグループのヨネツボ名古屋行政書士事務所へご相談ください。

行政書士 小泉真吾

お客様から「ヨネツボで不認定ならどこに頼んでも駄目だろう」と言われることがあります。
被害者様の「安心」「納得」にお応えします。

ヨネツボを「後遺障害の駆け込み寺」としてご活用ください。

受付時間:9:00~18:00 日曜・祝日定休(※平日18時以降・日曜・祝日の来所相談も対応致します。【要予約】)
住所:愛知県名古屋市中村区名駅2-37-21 東海ソフトビル2階   アクセスマップはこちら

トップページへ戻る