052-533-6322
052-533-6322

【要予約】受付時間:9:00~18:00 日曜・祝日定休
平日18時以降・日曜・祝日の来所相談も対応致します。

有痛性シュモール結節 弁護士の先生より紹介を受け、腰背部の痛みについて後遺障害非該当から異議申立を被害者請求し、14級9号に認定。

等級14級
部位腰背部
症状腰背部痛

愛知県在住 男性 40代

追突され負傷、車両損害額が80万円以上の交通事故

信号待ちで停車中に右を向いた瞬間、後続車に追突され受傷。整形外科での受診の結果、腰背部挫傷と診断される。

事前認定で等級認定手続きを実施。結果は「後遺障害として該当しない」

約10ヶ月の通院後、保険会社から症状固定を打診され、主治医に後遺障害診断書の作成を依頼。診断書を受け取り後、相手方の保険会社へ郵送し、事前認定で後遺障害等級認定を申請。約1ヶ月後、同乗者の奥様は認定されるも、ご本人は「非該当」。不認定の結果に納得が行かず弁護士へ相談する。

弁護士の先生より異議申し立てで等級認定の可能性があるか問い合わせ

後遺障害等級認定について専門事務所である弊所へお問合せいただき、資料を精査したところ、被害者請求で丁寧に異議申し立てを行えば認定の見込みはあるのではと回答。その後、弁護士の先生から紹介を受け、被害者様よりお問合せいただき、被害者請求手続きについて受任。

自賠責保険へ請求・異議申立を行い後遺障害14級9号に認定

病院に対し医療調査を行い、事前認定の申請では明らかにされていないと思われる新たな資料の作成を病院へ依頼。その後、自賠責保険へ異議申し立てを行う。新たに提出した資料により前回等級認定されなかった腰の痛み、背部の痛みについて「局部に神経症状を残すもの」として14級9号が認定される。

行政書士からの一言

今回の事例は弁護士の先生から、「後遺障害認定について非該当とされた事案が、再申請で等級認定される可能性はありますか」とお問い合わせをいただいたことから始まりました。

弊所でご依頼をいただいてから異議申し立ての準備として、医療機関等への資料作成依頼をはじめ、適時適切に各種補完資料を添付し、併せて本人が仕事で支障をきたしていること等を資料としてまとめ、異議申立書を作成して被害者請求を行い、後遺障害14級9号に認定されました。

一回目の申請は相手方の保険会社を通じ、「事前認定」の形で後遺障害診断書を医師に作成してもらい非該当となってしまいました。これは「事前認定」では目に見えづらい症状が審査上、伝わりづらい可能性があることを示しています。 もう一つの申請方法である「被害者請求」では、病院から適切な資料を作成頂き、前回の認定では評価されなかったポイントを補えたことから14級9号の等級認定を受けることができました。

このように被害者請求は被害者側が積極的に立証資料を取り揃えることができるというメリットがあります。
後遺障害の等級認定を受ける際に、特に「事前認定」で非該当とされてしまった場合、残念ながら後遺障害部分の慰謝料・逸失利益の賠償額は請求することが困難となってしまいます。このようなケースに該当される方は、「被害者請求」を活用し、再度適正な等級認定を求めることをご検討されてはいかがでしょうか。

後遺障害に認定されない!どうすればいい!?

解決事例一覧

難しい事案にも対応
交通事故後遺症の認定結果について
妥当かどうか不安のある方へ
  • 認定結果に不満、異議申立てを考えている
  • セカンドオピニオンとして意見を聞きたい
  • 他の事務所で手続きが進まない
  • 他の事務所と意思疎通がうまくとれない
  • 「あなたの症状では後遺障害の認定は無理」と言われた
  • 後遺障害の等級は認定されたが、本当に適正な等級なのかわからない
弁護士費用等特約が
ついていらっしゃる被害者さまへ
行政書士にも弁護士特約が使えます!
※要事前同意
  • 被害者側の過失がゼロでなくてもOK!
  • 保険会社が紹介する弁護士以外でも、行政書士でもOK!

ご自身(または同居中の家族)が加入している自動車保険に、「弁護士費用等補償特約」が付帯されている場合、行政書士報酬の全部(または一部)が当該保険から支払われることがありますので、事前にご確認ください。ご自身の保険に特約がついているのかどうかも含め、ご不明な点などは、お気軽にお尋ねください。

あきらめないで、
まずは専門家にご相談ください!
弁護士費用特約が
なくても、納得できる交通事故解決

無料の交通事故紛争処理センターなどを利用することでご自身でも解決が可能です。

弁護士費用特約がない方はこちら
相談会のお知らせ
解決事例
ご相談者様の声
お知らせ
ページの先頭へ