052-533-6322
052-533-6322

【要予約】受付時間:9:00~18:00 日曜・祝日定休
平日18時以降・日曜・祝日の来所相談も対応致します。

【L5/S1ヘルニア】異議申立で14級に等級認定

等級14級
部位腰 右足
症状腰痛 右足しびれ

福井県在住 男性 30代

追突による交通事故で腰を負傷

信号待ちで停車中、後方から追突される。事故当日に整形外科を受診し腰椎捻挫と診断される。

MRI撮影で腰椎のL5/S1ヘルニアと診断、症状固定へ

通院中、足のしびれが改善されないことから、MRIを撮影し腰椎にヘルニアがあると医師に指摘される。保険会社へ内容を伝えたところ、「前からあったヘルニアで今回の追突事故とは関係ない」と言われ、治療費が打ち切られ症状固定となる。

後遺障害等級認定手続きの結果、認定されず

その後、保険会社から「後遺障害診断書」が送付され、主治医に記載してもらい、保険会社へ送り返す。約1ヶ月経過後、「画像上、本件事故による外傷性の異常所見はない」として不認定の通知が届く。

異議申立てについて弊所へご依頼

事故前は痛み・しびれはなく、今回の事故で腰を痛めたはずなのに認定されなかったことに疑問を感じてインターネットで検索したところ、異議申立てができることを知る。さらに専門事務所に依頼した方が適切な医学的資料を取り揃えてもらえることも確認できたため、弊所へ問い合わせ、ご依頼いただく。

医療調査を経て異議申立て。後遺障害14級9号に認定

弊所で病院へ医療調査を実施して、腰椎のヘルニアについて等級認定に有意と思われる医学的所見の作成依頼。その他の医学的資料も揃え異議申立てを行い、約2ヶ月後「局部に神経症状を残すもの」として等級認定される。

行政書士からの一言

交通事故のむち打ち治療で通院中にMRIを撮影した結果、「ヘルニア」と診断されても、保険会社から「事故によるヘルニアではない」として治療費を打ち切られてしまうことがあるようです。
このような場合、主治医の先生が症状固定と判断していれば後遺障害の手続きに入ることになりますが、「ヘルニア」を等級認定上、どう評価するかが問題となります。
本事例でも、1回目の申請では「画像に異常はない」ことを理由として認定されませんでした。
そこで、弊所では異議申立てにあたり、通院していた病院で医療調査を実施し、「ヘルニア」について医学的資料を取り揃えました。
認定結果は「局部に神経症状を残すもの」として14級9号に認定されたことからも、画像の撮影内容は認定基準上、重要なポイントということがわかります。
さらに、「ヘルニア」については交通事故がどの程度影響を与えているのかを主治医の先生医学的に説明してもらい、資料として提出することが大切です。
「ヘルニア」等の画像内容について、主治医の先生へどのように等級認定用として書面化してもらうかは個別具体的に検討する必要がありますので、お困りの方はお気軽にご相談ください。

後遺障害に認定されない!どうすればいい!?

解決事例一覧

難しい事案にも対応
交通事故後遺症の認定結果について
妥当かどうか不安のある方へ
  • 加害者側の保険会社による手続きで認定されなかった
  • 認定結果に不満、異議申立てを考えている
  • 認定されたが、本当に適正な等級なのかわからない
  • 他の事務所で手続きが進まない
  • 「あなたの症状では後遺障害の認定は無理」と言われた
  • セカンドオピニオンとして意見を聞きたい
弁護士費用等特約が
ついていらっしゃる被害者さまへ
行政書士にも弁護士特約が使えます!
※要事前同意
  • 被害者側の過失がゼロでなくてもOK!
  • 保険会社が紹介する弁護士以外でも、行政書士でもOK!

ご自身(または同居中の家族)が加入している自動車保険に、「弁護士費用等補償特約」が付帯されている場合、行政書士報酬の全部(または一部)が当該保険から支払われることがありますので、事前にご確認ください。ご自身の保険に特約がついているのかどうかも含め、ご不明な点などは、お気軽にお尋ねください。

あきらめないで、
まずは専門家にご相談ください!
弁護士費用特約が
なくても、納得できる交通事故解決

無料の交通事故紛争処理センターなどを利用することでご自身でも解決が可能です。

弁護士費用特約がない方はこちら
相談会のお知らせ
解決事例
ご相談者様の声
お知らせ
ページの先頭へ